瞬時に泣けた話。笑

小学6年生の卒業文集。




彼女のお父さんが


送ってくださって。




夫婦揃ってお世話になってるご夫婦の娘ちゃん。



数年前から


○○ちゃん、将来美容師になりたいんだって


という話を聞いていて


小学生で美容師になりたいって言ってくれるこ今時いるんやなー


と。


ちょっと恥ずかしがり屋さんで

人見知りさんかな?

そんな彼女に

ウィッグを実際切ったりロッドを巻いてみたりという体験をしてもらったことがあって。


黙々と教わった通りにやってく姿を

なんだかホッコリ見ていました☺︎



小学生の時の将来の夢ってすぐ変わるかなー


とか


心のどこかで思いながら



はや数年。



去年は文化祭?みたいな時の作品で

美容師になった姿の作品を作ってて。


彼女はまだ美容師になりたいって思ってるんや!!!

とすごく嬉しくなった私ですが



今年はさらに嬉しかったー…



中身に誰とは書いてないけど




お父さんが私に見てねと送ってくれたとゆーことは


勝手に私の事を書いてくれてると思ってます。笑


おととしくらいにお店を構えて


とかきちんと詳しく書いてくれてたし。

うんうん。


もー言葉ひとつひとつが可愛くて可愛くて。

(なんなら1番気になったのは字のキレイさ!!!)



昔から


自分に自信が持てなくて(表面では強がるいわゆる強がり弱虫です。てへ)

それがイヤで

どんどん行動に移していくようになった私です。


せっかくもらった人生だからこそ


全力で楽しみたいし



せっかくたどり着いた仕事だからこそ


やりたいと思った事は行動に移したい。



人付き合いとか正直苦手だけど




お客さんは私がきちんと向き合っていれば
応えてくれるし

一生懸命やっていけば応援してくれる。


友達は決して多くないけど


信じて任せてくれるお客さんは私には十分すぎるくらいいる☺︎



そんな美容師11年。



やりたいことが増えて増えて


自分の考え方がブレてないか

ちょこちょこ原点に戻りながら

不器用なりにやっていってる毎日の中で



こんなに嬉しい言葉が


見えないところでもらえるなんて。











やはりわたしは



まだまだ伸びるしかないのです。



じゃないと将来


抜かれるから!笑( ;∀;)



こんなわたしに


ノーベル賞並みの(もらったことないけど)大切な言葉をくれた彼女



今度会ったら



全力でハグします。(いらんか。笑)



さー



明日からまた頑張れる☺︎



幸せいっぱいで寝よう。



彼女みたいに


人を心からはっぴーにできる人に


わたしもなりたい♡♡♡

Lico.hairworks

東温市の小さな小さな美容室。 完全予約制のプライベートサロンです。