髪が痩せてく理由・・・。

人によって何歳からその変化を感じるかはそれぞれ違いますが


年齢を重ねるとともにみなさんお肌のトラブルは感じているようです。

お肌のトラブルが出てきている方は是非頭皮にも目を向けてみてください。


エイジングによりコラーゲンなどの現象、生産力の低下や変化などにより、地肌が薄く・硬くなる現象を「菲薄化(ひはくか)」といいます。

これにより地肌の弾力が低下して髪を支える力が弱まり、しっかりとした髪をはぐくむこともできなくなります。


菲薄化していくと・・・

根元がぺたっとなる

分け目が目立ってボリュームがなくなる

などの現象がおこります。

ちょっと専門的な言葉になりますが

細胞活性の低下、細胞の減少、女性ホルモンの減少、弾力・保湿成分の減少や変化、地肌環境の変化・地肌トラブル(皮脂の過剰分泌・乾燥・かゆみ・炎症など)

などの様々な要因があっての現象です。


それを防ぐためには

弾力・保湿成分の生産機能を活性化させ回復させる

女性ホルモンの活性

弾力成分の補給

角質層のバリア機能活性・回復

ターンオーバーの正常化

マッサージによる血行促進

などなど様々なことをしなくてはいけません。



次に髪の毛全体の密度の低下についてです。


女性と男性の抜け毛や薄毛の原因と症状は異なります。


女性の場合・・・

毛穴あたりの本数の減少により分け目が目立ち全体的な抜け毛・薄毛になってきます。

その原因として

女性ホルモンの減少、ホルモンバランスの乱れが主にあげられます。

(ちなみにホルモンバランスが乱れるってどういうこと???という方へ、毛細血管の減少、血行不良、地肌の老化、ストレス、栄養不足などたくさん要因が・・・)


男性の場合・・・

頭頂部や前頭部などの産毛化により部分的な抜け毛・薄毛になってきます。

その原因として

男性ホルモン・皮脂分泌過剰が主にあげられます。


女性も男性も共通していえるのが

血行促進・細胞を活発に・抗炎症・保湿・生活習慣の改善(寝不足・ストレス・食生活など)

をすることが大切ですが


特に男性は「過剰皮脂(皮脂がですぎてる)」を除去したり抑制したりする必要が。。。

ちなみに毛穴を詰まらせている過剰な皮脂は酸化していき

「過酸化脂質」というものになってきます。

*揚げ物などする際につかう油も最初はサラっとしてにおいもなくきれいですが、何度も何度も繰り返しつかっていくと黒く汚れてきて油くさくなりますよね???頭皮でも似たような現象が起こってるってことなので・・・


過酸化脂質=においの原因


でもあります。しかも、あぶらなので普通のシャンプーじゃとーれーまーせーーーーーんーー!!!!!

毛穴に脂が詰まってるのを放っておくと、毛穴がどんどん狭くなってきて髪が痩せていきます。。。


えぇ、クレンジングが必須なのです。



はい、長く書いちゃってるので次々いかねば・・・


次は髪の毛自体の密度の低下についてです。


エイジングにより髪の毛の内部のコルテックスが空洞化し、うねりや弾力低下を引き起こしてパーマやカラーデザインにも影響を与えます。表面はキューティクルの枚数が減り、浮き上がることによって艶や質感、髪の弾力低下につながります。

(コルテックスとは・・・髪はかっぱ巻きで例えられることが多いのですが、キューティクルがのり、コルテックスがお米、メデュラがきゅうりで例えられ、かっぱ巻きのお米の部分が空洞化するとぺろんぺろんのふにゃっふにゃになっちゃいますよね??笑)



髪の毛自体の密度が低下すると・・・

広がり・うねり・弾力や強度の低下・艶の低下・コシや柔軟性の低下など自身で実感したことのあるような現象が起こります。


自分で触った感じや見た目では

ごわつき・弾力や強度の低下(すぐ切れたり枝毛が増えたり)・艶の低下

などなど感じるはず。。。

それを防ぐ・改善するためには

栄養分の補給・毛髪内部の補修(そのほかは専門的な言葉すぎるので省きます)


というなんとも細かい専門的なことをひたすら並べてますが


結局なにが言いたいかというと


ヘッドスパなどの頭皮ケアをしないでこのまま放置&月日が流れていくと


ヘアスタイルが楽しめなくなります。。。

ずーっと長年髪の毛を楽しんでいただくためには頭皮ケアが大切でっす♪








もーーーーーーーーーーーーーーー


かなり専門的なことばっかりになったので


やめます。笑




続きはまた後日。。。

Lico.hairworks

東温市の小さな小さな美容室。 完全予約制のプライベートサロンです。